2010年03月02日

狼疾記

「狼疾記」(ろうしつき)は中島敦の小説。題名は孟子の「養其一指、而失其肩背、而不知也、則為狼疾人也。(一指に気をとられて肩や背まで失うことに気がつかぬ、それを狼疾の人と云う)」という言葉に由来している。「かめれおん日記」と共に、「過去帳」に分類される。 長篇の未完作品『北方行』との類似点が多く、それを再構成した作品と見られている。外部リンク『狼疾記』:新字新仮名(青空文庫) 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%BC%E7%96%BE%E8%A8%98」より作成カテゴリ: 日本の短編小説 | 1942年の小説隠しカテゴリ: 文学関連のスタブ

トヨタの対応注視=平野官房長官(時事通信)
「簡単や」山本理事長執刀の患者だけ死亡(産経新聞)
有料老人ホーム、過去最多を更新=3400施設に14万人−厚労省調査(時事通信)
「一緒に飲んだ仲」=藤田まことさん死去で官房長官(時事通信)
鳩山首相、ダボス会議出席見送り=国会日程など考慮(時事通信)
posted by ヒラツカ タダヨシ at 09:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。